特色・目標

「国際政治学専攻(G-GAP)」の特色

法政大学 大学院 政治学研究科 国際政治学専攻は、以下のような特色を有しています。

魅力あるカリキュラム

次のような科目群(クラスター)を擁するカリキュラムを編成するとともに、海外大学院への留学支援制度を設置して、広く海外での実践的経験を積む機会を提供します。

科目群を次の5つのクラスターに分けて設置しています。
(1)「基礎理論クラスター」
(2)「国際政治専門英語クラスター」
(3)「グローバル・イッシュー・クラスター」
(4)「アジア国際政治クラスター」
(5)「実践講座クラスター」
※本専攻は、「修士課程」(定員:25名)のみ。
※開講形態は、主として昼間(但し、一部科目は、夜間にも開講)。

国際的に通用する高度専門職業人の養成

実践的知識・英語力を身につけた国際的に通用する高度専門職業人の養成

修了に必要な32単位の12単位を「国際政治専門英語クラスター」科目(必修)に当てます。英語で国際関係論を研究していただくと共に、海外留学を視野に入れて実践的な英語力を身につけていただきます。自然体で外国人とタフな交渉ができる英語力と度胸を身につけた高度専門職業人を養成します。


特別入学制度の導入

海外大学院への留学制度を含む大学院在籍年数の弾力化

本専攻は、国際政治学ないし隣接諸分野のプログラムを有するような海外の大学院への留学を積極的に奨励します。そのために海外大学院留学指導講座を設けて出願のための指導や助言を行うほか、既存の大学院留学制度に加えて、本専攻独自の「特別海外留学奨学金」を設置することにより、財政面からの支援も行います。

「特別海外留学奨学金」は、厳正な審査に基づいて、本専攻修士1年生の留学希望者の中から優秀な者を1名選抜し、最高300 万円の留学奨学金を支給する制度

この奨学金の支給を受ける選抜生は、まず本専攻に3 セメスター(修士2年目の夏まで)在籍し必要な科目を履修してから、海外の大学院に留学する。留学先大学院で学位を取得した後に帰国し、本専攻の修士プログラムも修了する。海外の修士1年プログラムで学位を取得できれば、最短で3年間に2つの修士号を取得できることになる。(なお、留学期間中の法政側授業料は免除。休学在籍料のみ)

他にも通常の法政大学 海外交流大学への派遣留学制度、海外留学制度があります。

G-GAPにおける海外留学支援プログラム


特別入学制度の導入

「英語能力に関する書類」を提出していただきます。具体的にはTOEFL®、TOEIC®、実用英語技能検定(英検)、国際連合公用語英語検定試験(UNATE、国連英検)のいずれかの検定結果あるいは公式スコア票(近2年以内のもの)、合格証明書。点数は問いませんが、高成績者は優遇します。


 

「国際政治学専攻(G-GAP)」の目標

「国際政治学専攻(G-GAP)」は、地球規模問題群(グローバル・イッシュー)とアジア国際政治の各分野で、高度な実践的知識と英語力に加えて、構想力・交渉力・実行力を身につけることにより、地球共生社会の実現をめざして、活躍しうる人材を育成することを目的とする。

国際政治学専攻(G-GAP)概念図-G-GAPで埋める3つのギャップとは
  • よりよい世界の理想像と現実のギャップをうめること
  • 実社会が要請する専門知識のレベルと現在のあなたのギャップをうめること
  • 国際社会で必要な専門英語のレベルと現在のあなたのレベルのギャップをうめること

G-GAP概念図

  • 専攻紹介
  • 特色・目標
  • 進路・アドミッションポリシー