国際政治史研究1

担当教員:下斗米 伸夫

第一次世界大戦後の国際政治史、とくに危機の30年とよばれる大戦間期の国際政治から冷戦時までの主要論点を考える。ロシア革命、戦後民主化、ファシズム、スターリンのソ連、危機のヨーロッパ、第2次世界大戦、冷戦のはじまり、といった大きなテーマについて考える。